NHK受信料徴収は、笑顔で丁寧にお断りしよう

3AwgYKZ39Ryzufxs

日本国内に住んでいる限り、いつか訪問してくるのがNHK受信料の徴収スタッフさん。
その際、居留守で無視したり、感情を露わに追い返したりすると、相手に反感を与えてしまうもの。

「NHK受信料についてお話があるのですが」と訪問があったなら、「はーいどうぞー」と笑顔で丁寧に対応し、ハッキリとお断りしよう。

 

そもそも受信料支払いは義務ではない

5wfmv8g5ftqbCpsF

NHKが公式サイトに掲載している、『放送法第64条』を見てみよう。

第1項
協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。
ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第126条第1項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。
pid.nhk.or.jp/jushinryo/about_1.html

条文には「契約は義務である」とは明記されておらず、また「受信料の支払義務」等の文言も見当たらない。

加えて“契約”とは、「二人以上の当事者の意思表示が合致することによって成立する法律行為」である。
当事者である私が、「NHKとは契約しません」と意思表示すれば、それで終わりなのだ。

この点については、Yahoo知恵袋に良質な回答がある。

 

支払う気にはなれませんねぇ(笑)

2a514mEz0Db3UJrB

笑顔で丁寧に支払う意志がないことを伝えると、大抵のスタッフさんは反論してこない。
スクランブル放送と、任意加入云々は実際に使った言い回し。

スクランブル放送

「暗号化してウチだけ番組を見れなくすること出来ますよね? どうぞやってくださいよ。支払う気にはなれませんねぇ(笑)」

 

アナウンサーの薬物使用

「アナウンサーが危険ドラッグで逮捕されましたよね? こんな組織に支払う気にはなれませんねぇ(笑)」

 

2億円横領事件

「子会社社員が架空発注で2億円を横領した事件がありましたよね? こんな組織に支払う気にはなれませんねぇw」

 

いわゆる偏向報道

「公正中立を守ると法律条文にありながら、実際にはスンゴイ偏った番組作りしてますよね? 『あさイチ』って番組、朝から爽やか~にあからさまな偏向報道してますよね? 支払う気にはなれませんねぇ(笑)」

 

いつの時代の話

「今2016年ですよ? 終戦直後に始まった制度をいつまで続けるんですか? とても支払う気にはなれませんねぇ(笑)」

 

任意加入制度

「NHKを必要とする人が利用する、任意加入制度に変更すれば問題ないですよね? 支払う気にはなれませんねぇ(笑)」

 

時代の流れは止められない

KlkEaf1GeAE23hpX

「“テレビ受像機”を購入した者は、NHKに受信料を支払う」というシステムは、戦後の混乱期には有効だったのだろう。
国民みんなでテレビ放送を盛り上げていこうね、という前向きな思いがあったのかもしれない。

が、現在は2016年。
テレビを頂点としたマスメディアを、日常生活で必要としない人が増加するのは自然の流れだ。「流れ」に逆らえば逆らうほど、大衆の怒りを燃え上がらせるだけ。

NHK関係者の皆さん、任意加入制度を一度実行してはいかがでしょう?
時代の流れを止められないからこそ、「私はNHKが必要だから、受信料を支払う」という人も必ず存在します。

その人たちを大事にしてあげてください。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加