ありがとう、そしていつか

150803_001

クリーニング ホワイト急便

ボケーっとした感じのおじいちゃん。
なぜか不思議と安心する。
服の種類によるクリーニング仕分けは的確。

 

サミットストア

レジの皆さん。
年齢に関係なく、丁寧で親切な仕事をされていて尊敬。
仲も良さそうで雰囲気が良い。

 

セブンイレブン

深夜帯に行くと大抵いる、中年男性スタッフさん。
上品で癒される。

 

ほっともっと

たまにいるおばちゃん。
控えめで優しい雰囲気に癒やされる。

 

マンション清掃のおばちゃん

平日の掃除と、ゴミ出しをしてくださっている。
紙パックやビンはちゃんと洗ってますので。

 

ラーメン定食屋さん

ボリューム満点でおいしい。
皆さんわりと高齢だけど、とても丁寧に接客してくださる。

 

皆さん毎日ありがとう。

 

初めて勤務したWeb制作会社

150803_002

アルバイト生活から抜け出したい一心で、求職活動をしていた27歳の頃。
履歴書は通っても面接で落とされる日々が続いていた。

「ふぉ、フォトショップ、、?」
「ど、ドリームうぃー…?? すいませんわからないです…」

当時の自分には、少しは勉強してから臨めよと言いたい…。

Web関連知識ゼロ・社会人経験ゼロ・営業として見込みゼロ。
そんな私を採用してくれた当時の社長と副社長。
自分のような底辺の未熟者をなぜ拾ってくれたのだろう。

肩を並べて仕事させてもらった上司・先輩・同僚。
いつもいつも助けてもらってばかり。
私は無能の役立たずの上、迷惑をかけることしかできなかった。

役に立ちたいという気持ちは強く抱いていたが、実力が伴わずミスを連発し、情緒不安定に陥り物事を正常に考えられない状態になっていった。

そんな自分が今、個人で仕事を請け負い何とか生きていられる。
それは皆さんがいてくれたから。

いつか何かの形で恩返しをする。

コメントを投稿する

※メールアドレスは私にだけ届き、サイトには表示されません。
※「送信する」ボタンは一度だけクリックしてお待ちください。