東京都内から都内へ引越しを実行した際の記録

001

1つ前の記事で、賃貸物件の探し方をまとめました。

ネットワーク展開している賃貸仲介会社で、物件を探すときのコツまとめ

今回は引越しについての情報をまとめます。
東京都内に限らず、全国どこで引越しするのにも参考になるはずです。

目次

 

利用したのはアート引越しセンター

002

金額は多少割高になるが、業界ナンバーワンの評判は本物。
電話対応の丁寧さ、営業さんのわかりやすさ、スタッフさんのテキパキとした作業、全てに安心感があった。

下記は営業さんから直に聞いた情報。

  • 冷蔵庫 / 洗濯機は料金を支払えば引き取ってくれる
  • 粗大ゴミなどは、基本的に引き取ってもらえないので要注意
  • 1年で引越し依頼が殺到する季節は2~3月。特に3月の料金はほぼ必ず割高になり、3倍以上に跳ね上がる場合もあるとのこと
  • 次に依頼が多いのは12月(年末の内に)、続いて9月(決算期多し)とのこと
  • 1月は年頭ということで、かなり空いていて狙い目らしい
  • 引越し先が決まっていなくても、見積り訪問をしてくれる

気になることがあったらその場で遠慮なく質問しよう。
そして、アートさんはカタログの充実度が凄い。

IMG_20151109_152307 IMG_20151109_152849 IMG_20151109_152907

  • SHARP製などの白物家電やエアコンを割引価格で購入でき、引越し当日に届けてくれる
  • その他の生活用品も様々な企業と提携していて、引越し当日に届けてくれる
  • エアコンなどの電気工事も依頼可能で、引越し当日に作業してもらえる

懐に余裕があるなら、アート引越しセンターを選ばない理由はないかも。

 

料金を低く抑えたいなら、比較サイトでチェック

003

過去に一度利用したことがある 引越し侍 がお勧め。
昔より随分とグレードアップしてますね。

 

荷物搬送後の状態確認には立ち会う

004

引越し日の翌日の日程で、旧居の立ち会いを申し込んだ。
不注意で備品を破壊してしまったことや、玄関やベランダドアのネジが4箇所も外れてしまったことなどを伝えて、実費でいくら請求されるのかを確認するために。

旧居の管理会社は明和住販さん。対応がとても丁寧で、1つ1つの質問に的確に答えてくれた。

旧居の契約は「敷金償却」だったため、敷金が1円も戻ってこない代わりに、修繕費用はそこから捻出されるというものだった。
また、敷金から足が出てしまう場合は、オーナーさんと相談してくれるという話に。

住居に関しては知らないことが多く、質問して何かと勉強になるので、新居から近距離ならば立ち会って損はない。

 

処分困難品は専門業者に依頼する

matting-461519_1920

通常のゴミ捨てでは排出できない大型品は、行政の粗大ゴミ回収でも引き取ってもらえないものが意外とある。
私の場合は、フローリングの隅々に敷き詰めていたタイルカーペットが回収不可だった。

というわけで、過去に一度依頼したことのあるファイトサービスさんに回収を依頼。

引越しをするときは混雑する時期が多いため、1ヶ月前には連絡して来訪してもらい、処分可能か、代金はいくら必要かを確認しよう。

 

前日に携帯電話をフル充電しておく

006

引越し当日は、業者さんと電話で連絡を取り合うことがあるため、必ず前日までに携帯電話を100%フル充電しておく。

当日は何かとバタバタするため、「げ、充電切れそう!」という事態は避けたい。

 

手渡しするお金は封筒で小分けする

007

今回は、アート引越しセンターさんとファイトサービスさんに、現金を手渡しする必要があった。
近所のATMにある封筒を確保して、名前を書いて小分けしておくと精算時に迷わない。

 

冷蔵庫・洗濯機は一日前に水抜きする

008

人によっては「水抜きの必要はない」と言う人もいるが、大した作業ではないのでやっておくのがベター。

sentakuki

冷蔵庫は中身を空にして電源を抜き、上下を開けっ放しにしておく。

reizoko

 

可燃ゴミ袋を最低1つ用意しておく

009

何だかんだでゴミは発生するため、最低でも可燃ゴミ袋を1つは用意しておかないと、当日のゴミ処理に困ってしまうことに。

地域によっては、不燃ゴミ袋も用意しておくと良い。

 

洗濯機置き場の形状に注意

010

ヨドバシカメラの通販サイトに、洗濯機設置についての図解 が掲載されている。

新しく洗濯機を購入する場合は、引越し先の洗濯機置場を確認してからにしよう。

 

時間指定をするなら追加料金が必要

011

当日の開始時間は、8時~12時の間であらかじめ申し込み、2日前にスタッフさんが到着する時間を電話で連絡してもらうこととなった。

そして二日前に電話を受けると、「午前8時開始となりました。一番早い時間で申し訳ございません」とオペレーターさんの声が。数千円をケチって早起きしなければならないハメに!

結果としては、正午前には荷物を全て運び入れ、精算まで済ませることができて良かった。ただ11月中旬だったので、朝の冷え込みが大変だった…。

 

住居変更で支出した大まかな金額まとめ

012

  • 賃貸物件契約 390,000円
  • アート引越しセンター 97,000円
    ※冷蔵庫・洗濯機処分 / 冷蔵庫購入含む
  • タイルカーペット処分 25,000円
  • タイルカーペット設置 68,000円
  • 洗濯機 53,000円
  • テレビ 43,000円
  • Blu-rayプレーヤー 9,300円
  • HDMIケーブル 2,200円
  • その他生活品買い換え 20,000円
  • 住民票取得 300円?
  • 交通費 2,000円?

合計 約710,000円
ヒィーーー!!! ( ・`д・´;)

今回は16年間使った冷蔵庫と、9年間使った洗濯機を買い換えたり、テレビがないので購入したりと、家電製品の支出が大きかった。

タイルカーペット関連の支出は、一般的にはない私個人によるものだけど、フローリングとは生活が全然違ってくるのでお勧め。

ただやはり家電の買い換えは、引越しを機会とすることが多くなってしまうので、一気に貯金が消える原因になるのね…。

次に引越しするときは、もう少し支出を抑えたい!
そう思った今回の引越しでした。

IMG_20151117_153832 IMG_20151117_153914 IMG_20151117_202714 IMG_20151117_202805 IMG_20151117_204350 IMG_20151117_204407

コメントを投稿する

※メールアドレスは私にだけ届き、サイトには表示されません。
※「送信する」ボタンは、一度だけクリックしてお待ちください。