自営業Webサイトコーダー・実務で役立ったWeb参考書7冊

8Vgw237pn87Zf16C

今まで様々なWeb参考書を読んだが、実務で本当に役に立ったものを紹介。

 

Webデザインの基本ルール-プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニック

レイアウトの基本、配色の考え方、HTML&CSSの概要、SEOなどなど、Webの基本を網羅した一冊。
初級者のときに読み、「Web制作」というものを凄く知った気になれた。
2009年に出版されたものだが、Web制作業界で仕事をするなら一度は目を通しておきたい。

 

現場のプロから学ぶXHTML+CSS

HTML / CSSコーディングは一応できるけど、タグの知識があやふやな人に最適。
私もタグの知識が怪しかったが、これを読んで一気にレベルアップできた。
Amazonレビューにも書かれているが、初級~中級者のバイブルと言える一冊。

 

HTML5マークアップ 現場で使える最短攻略ガイド

「こんな時はどのタグを使えば?」と迷った時に、いつも手に取っている。
アウトライン についての解説もあり、一般的なWebサイトコーディングはこれ一冊とネットで十分。

 

Sass&Compass徹底入門 CSSのベストプラクティスを効率よく実現するために

基本から応用まで、丁寧に解説してくれる一冊。
これを読み、Sass / Compassを一通り使えるようになれた。
「これは関数とミックスイン、どちらにすべき?」と手が止まる時などにヒントを得ている。

 

開眼! JavaScript ―言語仕様から学ぶJavaScriptの本質

JavaScriptのコピペから、脱却するきっかけをくれた一冊。
言語仕様を簡潔かつ丁寧に解説してくれるので、とても読みやすい。
「JavaScriptコーディングができるようになりたい」と考えるならば、必ず読もう。

 

Web制作の現場で使うjQueryデザイン入門[改訂新版]

著者・西畑一馬氏の頭の良さとセンスを感じる一冊。
jQueryの初心者用解説書で、これを超えるものはないと思う。
当ブログに掲載しているjQueryのいくつかは、本書をヒントにして作ったものだ。

 

だから、そのデザインはダメなんだ。WebサイトのUI設計・情報デザイン 良い・悪いが比べてわかる

目から鱗。
わかったつもりでいる “Webサイトデザイン” に、新鮮な気づきを与えてくれた。
「ユーザーの使い勝手が悪いサイトはダメ」という、著者の一貫した態度に強く共感。
アフィリエイトサイトの改善もよく捗り、手段の目的化を防ぐ意味で優れた一冊。

 

参考書は紙媒体で買うべし

過去に一度、jQueryの参考書をKindleで購入して後悔したことがある。

  • 文字が小さすぎる
  • 拡大すると滲む
  • 目次からリンクできない
  • ページの行き来が面倒
  • 一冊の本として俯瞰できない
  • 見たいときに限ってタブレットがバッテリー切れ

結局、一般書籍を買い直すハメに。
参考書は紙媒体でなければ使い物にならない。

コメントを投稿する

※メールアドレスは私にだけ届き、サイトには表示されません。
※「送信する」ボタンは、一度だけクリックしてお待ちください。