【JavaScript】IETester 8 の謎エラーとフリーズ。原因はIETesterにあり。

150726_001

ふと、「印刷プレビューはJavaScriptで作れるのかな?」と思い、まず印刷ボタンを設置しました。すると、IETester 8が謎エラーとフリーズを連発する事態に。その経過をまとめます。

目次

 

addEventListener と attachEvent

HTMLとJavaScriptを作りました。

すると、エラーが発生。

150726_002

あぁ、addEventListener はIE8以下では使えなかったよねということで、attachEvent に変更。

そしたら今度は、見たことのない謎エラーが発生。

150726_003

え、何これ…? しかもIETesterがフリーズしちゃいました。
ググると、VBAでよく発生するエラーみたいですが、Web制作で目にすることはないですよ。

 

onclick 直書きでは?

どういうこと? と思いつつ、jsファイルのリンクを外して、HTMLに直書きしてみた。そもそも attachEvent は、Google Chromeで使えない。

結果は同じ謎エラーとフリーズ。

 

javascript: の直書きでは?

結果は同じ謎エラーとフリーズ…。

 

jQuery では?

「印刷ボタンを作るのに、何でjQueryを使わなくちゃいけないんだ…」と思いつつ試してみた。

結果は同じ謎エラーとフリーズ…。
jQueryがIE8で使えないって、一体何が起こっているの…?

 

最後の手段、IE11 デバッグモード

IE8でレンダリングしたら、普通に動いた…。

150726_004

ということで、IETester自体に問題があることがわかりました。何が問題なのかを突き止めたい気もしますが、時間の無駄なのでやめときます。

レガシーIEのために、何でこんな振り回されなきゃいけないんだよ!! ヽ(`Д´)ノ

 

2016年1月でIE8サポート終了

マイクロソフトは、「IE8は2016年1月12日にサポートを終了する」と発表しています。

仮に私が発注元の担当者であれば、IE8はこの日を境に一切無視しますけど、現実はどうなるでしょうか。このご時世、未だにレガシーIEを使っている人をサポートするのではなく、モダンブラウザへの移行をアナウンスすべきと考えますが、今の日本社会じゃそうはいかないですか、そうですか…。

有名サイトにIE8でアクセスすると、エラーが発生したり、サポート終了を発表していたりします。インターネットをしていて、これらサービスにアクセスしない人はいないでしょうから、「IE8が使い物にならなくなる」と一般消費者は気づいてるでしょうに。

150726_005

150726_006

150726_007

 

Windows 10 でIEはどうなる

150726_008

今年の1月に、こんな記事が発表されました。

「企業向けにはWindows 10でもIEをサポートする」という話でしょうか。うーん、企業からの申請がある場合に限りIEを使えるようにして、個人向け販売ではIEを一切使えないようにシステム化して欲しいものです。
マイクロソフトの技術力ならば、それくらい容易なことでしょう。

しかし、Windows 10の普及を待たずとも、IE8のサポートが終了する2016年1月以降は、11のみ対応で問題ないのでは? 頑なにレガシーIEを使うような消費者が、見込み客になるとはちょっと思えません。

もしも願いが叶うなら、Internet Explorerの消滅を。

ヽ(`Д´)ノ

    • このエントリーをはてなブックマークに追加